ジュリエットからの手紙

ジャニヲタなライターの戯言です

【レポ・感想】桐山照史主演舞台「赤シャツ」大千穐楽

桐山照史主演舞台「赤シャツ」

9月5日東京建物BrillaHALLを皮切りにスタートしたこの舞台も

9月28日の大阪森ノ宮ピロティホールで無事大千穐楽を迎えました。

コロナ禍の中無事に全公演を完走できたこと、ファンとしても

大変うれしく思っています。キャストの皆様、スタッフの皆様、オタクの皆様

お疲れさまでした。大千穐楽も終えましたので若干のネタバレを含む感想をレポをしたためたいと思います。

桐山照史の役者としての大きな成長を感じた「赤シャツ」

初日観劇の際もブログを書きましたが、一幕の赤シャツ登場のシーン。

桐山くんの第一声を聞いた誰もが瞬時に「赤シャツ」はこんなキャラなんだと理解できたのではないかと思います。

私は常日頃から舞台には2種類あると思っていて、1つは初日からなだらかなカーブを描いて完成度を高めていくもの、もう1つは初日から完全に固まっていてそれに演者が若干の遊び心を加えながら終演まで持っていくもの。

私は「赤シャツ」に関しては間違いなく後者だと感じています。

錚々たる実力派揃いのキャストという条件ももちろんだと思いますが、前回の舞台「泣くロミオと怒るジュリエット」がコロナ禍で上演中止になってしまった悔しさと

不完全燃焼のパワーを全て今回の舞台にぶつけてきた桐山くんの意地のようなものを感じずにはいられませんでした。また今回の舞台までに積んだドラマを通じての経験や自らが勉強し得た実力をもって、この舞台に臨んだのだなと感じました。それほど「赤シャツ」は初日から完璧でした。

当時使われていた難しい言葉や独特の言い回し、イントネーションを含むとんでもない長セリフもよどみなく話す桐山くん。時として長セリフの場合「一生懸命覚えました」という必死さが伝わりすぎるケースもあるのですが今回はとても自然。見ている人は自分がその物語を実際に読んでいるかのような感覚でスッとセリフが伝わってきたのではないでしょうか。

ヒール役を愛すべき主人公として演じる

実際に夏目漱石の「坊ちゃん」を読んだことがある人なら「赤シャツ」は嫌味なインテリというイメージだと思うのですが、舞台の「赤シャツ」は世間体を気にしながら、弟に負い目を感じ、女子に翻弄され、真っすぐで破天荒な坊ちゃんたちに好感をもつ実に人間味あふれる人物として描かれています。

学校の教師たちには毅然と、積極的な女子たちにはアタフタし、母のようなお手伝いさんには甘えてみせる。赤シャツでなくとも人は誰でも相手によってキャラ変することってありますよね。それを声と表情、立ち振る舞いで実に巧みに演じ分けていることからも役者・桐山照史の大きな成長を感じました。

これから10年先、20年先の世界は自分たちのように世間を上手く立ち回っていく人間だらけになるのだろう、そんな世界は嫌だと憂う赤シャツ。

そんな赤シャツの想いは学校を辞め「清々した」と愛媛を後にする坊ちゃんには届くことはありませんでした。

良い意味での余裕

そしてもうひとつ、桐山くんの大きな成長を感じたのは今回の舞台が初舞台となる後輩の松島聡くんとのやりとり。松島くん演じる弟の武右衛門とは終始ぶつかり、時には取っ組み合いの喧嘩になるのですが、どの場面でも終始松島くんが伸び伸びと演じられるように間合いを計っていたのが印象的でした。後輩との共演はこれまでにもありましたが、良い意味での”余裕”を感じられたことも一ファンとしてとても嬉しく感じました。

 

千穐楽のカテコで「またこの赤シャツで…」と口にし「言っちゃった!でも言っとけばなんとかなるやろ」と笑顔で語った桐山くん。大千穐楽満席の会場からの大きな拍手を聞き、客席を愛おしそうに見つめた目が全てを物語っていたように感じました。

 

「赤シャツ」は役者・桐山照史の代表作となる舞台になる、今後、役者としての桐山照史を語る際に「赤シャツ」という舞台なくしては語れない作品になったのではないかと思います。できることならば再びこのキャストで新たな「赤シャツ」を見てみたいなと思っています。

 

 

 

 

 

桐山照史主演舞台「赤シャツ」初日

観てきました。桐山照史くん主演舞台「赤シャツ」。

これから観劇される方の方が多いと思いますのでネタバレせずに感想のみお伝えしたいと思います。

まず申し上げたいのは
この舞台のチケットを持っていらっしゃる方はとても幸運だとお伝えしたい。

それほどまでに役者「桐山照史」の積み上げてきた経験と今後の可能性を強く感じる舞台だったと思います。

原作はご存知、夏目漱石の小説「坊ちゃん」。教師である坊ちゃんが松山に赴任した先の学校の教頭が「赤シャツ」なのです。舞台は「赤シャツ」を主人公にして展開します。

 

幕が開くとほどなく桐山くんが登場しますが

目線を含めた表情、首の傾げ方、歩き方、指先まで全てに自信が満ち溢れているように見えました。私は「ああ、もうすっかり完成したんだな」と感じました。

桐山くんが登場して数分で誰もが「赤シャツ」が今どんな地位でどんな性格で周りの人からどう思われているのか、が的確に伝わってきました。
物語はコメディの要素も含みながらテンポよく進行していきます。

桐山くんの出番は非常に多くほとんど出ずっぱりという印象です。

しかし動きにもセリフ回しにも一切の淀みがなく、時折アドリブ的な要素も

入りますがそれすら滑らかで余裕すら感じたくらいです。

初日から舞台が楽しくて仕方がない、芝居を楽しもうお客さんを楽しませようという想いがひしひしと伝わってくるようでした。

前作「泣くロミオと怒るジュリエット」がコロナの感染拡大を受け東京公演の途中で中止、大阪公演も全て中止になった悔しさをエネルギーに変えてこの舞台にぶつけてきたなと感じました。

非常に流ちょうに器用に「赤シャツ」を演じた桐山くんですが見どころはやはり二幕の後半~。「赤シャツ」が自ら選択した人生のある部分について、

肯定しながらも実はひとかけらの後悔が常に心の片隅にあったこと

自己肯定と否定が交錯する複雑な心情と悲哀。

今まで様々な舞台やドラマで培ってきた経験と積み重ねてきた努力が開花した瞬間をこの目で見た気がしました。

アマデウス」で見せた壊れそうな緊張感

「マリウス」でみせた気迫

「ロミジュリ」で演じた繊細な表情

これまでのどの舞台とも違う「強い可能性」を秘めて彼は舞台に立っていました。

2幕の最後まで心をグッと掴まれたままで幕が下ります。

カーテンコールの割れんばかりの拍手を、満員の客席を見つめながら、とても愛おしそうに聞いていた姿が印象的でした。

この「赤シャツ」という舞台はこれからの俳優桐山照史を語るとき

大きなターニングポイントとして、そして代表作として語られるに相応しい作品だと感じました。

舞台初出演となるSexy Zoneの松島くんも初日の緊張感に包まれながらも思い切ったお芝居が素晴らしかったです。

どうかこれから「赤シャツ」を観劇される方は今一度小説の「坊ちゃん」をさらってからご覧になるとなお分かりやすいかと。私的には坊ちゃんが憎たらしい存在になりました。

桐山くんが「赤シャツ」に出会えてよかった。

そして桐山くん演じる「赤シャツ」を見ることが出来て幸せでした。

チケットをお持ちの方はどうぞお楽しみに。

 

 

ジャニヲタライターが観た『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』感想文

どうも私です。

今回は滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』についての感想などをつらつらと。

ネタバレになる部分を多く含む可能性がありますのでご注意ください。

 

ライビュ―の戦いに敗れたのでせめてその前日に観たいと映画館へ。

購入時点で困難を極めたムビチケ(3,000円)でe席リザーブ。見やすい中程の列を選ぶことができました。

 

タッキーってほんま「こどもつかい」の世界観が好きなんやな。と思わせる冒頭。アリーナちゃん可愛い。

「ひらりと桜」

大画面で見ることの贅沢さよ。SnowManのダンスは一糸乱れぬシンクロ率というよりは揃えながらも個性はしっかり出すという方向性。そのことで個々の魅力が一層伝わりやすくなっているように思う。

「九剣士」

圧巻の一言ではあるが特記したいのは宮舘くんの殺陣。こんなにしなやかで美しい殺陣ができる人だったのかと驚いた。DVDとはまた違う迫力ある映像と距離間で彼の美しくも鋭い所作を堪能することができた。「ぬけまいる」で「この人めっちゃ時代劇向きの所作だな」とは思ていましたが殺陣のレベルがこれほどとは。

佐久間くんは二刀流なのですが柔軟性があるからか非常に軽やか。こちらも大変見ごたえがありました。

最後の阿部ちゃんで吐血しかけたことも記しておきましょう。

「変面」

イケメンのヘンメン。体格で誰か分るのはジャニヲタの性。岩本くんって立ち姿が凛々しい正しい美しい正義。

「Maybe」

若さ全開、全身全霊で踊るラウールくんと、大人の阿部くんと深澤くんのバランスが絶妙。そこに違和感を全く感じず。佐久間くんバージョンとはまた違った味わい。

「My Friend」

ゆり組は尊い。いやこんな陳腐な賞賛の言葉を並べるのはおこがましい。それくらい渡辺くんの伸びやかな美声と宮舘くんの流麗なパフォーマンス。前回より随分難易度を上げていたように思う。シンプルなだけに誤魔化しが利かない演目。ディナーショーで見たい(近くで見たい)。

組曲

SnowManを存分に感じられるこの映画の1つの軸となっている演目。迫力とスピード感、華やかさを凝縮したパフォーマンス。肺が破れないか心配になるぐらいのハードなダンスは見ているこちらも心拍数が上がる~!

「腹筋太鼓」

たぶんDVD勢の人が見たらここをアップで見たかったんだよという願いが叶うし、初めて「滝沢歌舞伎」を見たっていう人は驚きながらも最後に感動してもらえる演目。太鼓のリズムだけでなく、上半身の角度までピタリと揃っているのが素晴らしい。これだけ全員が全力だと誰か一人でも気合が抜けていると逆に目立ってしまうので、そういった意味では怖い演目ではある。

「Make it Hot」

カメラを囲むようにパフォーマンスする時のそれぞれのカメラアピールが本当に全員100点なのが凄い。余裕すら感じる1曲。

「Crazy F-R-E-S-H Beat!」

この楽曲個人的に大好きで。振付は超難度なのに軽やかに踊る9人が凄いしこういうグルーヴ感のある曲のパフォーマンスは本当に旨いグループだと思う。

「Black Gold」

ジャニーズっぽいワイルドアウトロー的な曲が好きな人には刺さる1曲。コンクリートと金網とイケメン。他には何もいらない何も足さない。シンプルイズベストイケメン。

「五右衛門ZERO」

この演目だけで滝沢くんがいかに岩本くんに全般の信頼を寄せているかがわかろうというもの。加えて「大向こう」の「岩本ッ」「宮舘ッ」「向井ッ」が力強くも歌舞伎メイクで誰が誰か分からないという人もさりげなくフォローする意味もある演出を取り入れたタッキーはさすがの優男。

「男と女の舞」

このシンプルなタイトルよ。でも佐久間くんの美しさはシンプルではなく奥深い。骨格が女性っぽいこともあり、着物姿が艶やか。肩の落とし方も素晴らしい。対して阿部ちゃんは背丈があるのでパッと目を引く艶やかさ。

鼠小僧次郎吉

目黒くんの圧倒的な演技力にご注目。セリフ回しと間合いが絶妙。前回よりなお更に凄味が増していて、成長をひしひしと感じます。成長にはその人を取り巻く環境と努力の積み重ねが大事なのだと痛感します。加えてお芝居に定評のある向井の安定感はもちろん、悪役でアップになるため歯のホワイトニングをストップした気合の入れようも必見。

おまるさんの可愛さはキュンとするし、金さん銀さんには癒されます。あべぞうとナベロウはグッズ出して欲しいほど可愛い。しかしながらここでも宮舘くんの殺陣の凄さに感動いたします。

 

まとめ

全編にストーリーの結末が舞い落ちる小判でうやむやになるあたりを筆頭に絶妙にトンチキがちりばめられていて、妙にホッとする感じ。

おしゃれな創作和食のコースをかしこまって食べに行ったら、

デザートに給食で食べた事のあるプリンの味がした的な(どういうこと?)

 

映画に3,000円?と思っているあなた。

滝沢歌舞伎って見てみたかったけど今までご縁が無くてという人には超おすすめ。

最近SnowManが気になってるというそこの奥様、沼へ真っ逆さま間違いなし。

観終わった感想は「次いつ観に来れるかな?」でございました。

3,000円でこの内容は超おすすめ。迫力ある美しい映像でイケメンをご堪能下さい。

IMPACTorsの皆さんも新くんはじめ大活躍です。

 

 

スポットライトの向こう側

どうも。私です。

新型コロナウイルスの影響で現場の中止が相次ぎ、辛いですよね。とまあこんな時なのでちょっと若いお嬢さんのおたく(とその親御さん)に伝えておきたい事をつらつと書いてみたいと思います。

この人すこ(好き)!と思って推しになると、ライブや舞台で実際の本人に会いたくなるのがおたくです。FCに入りライブツアーの発表に沸き、当落で狂喜乱舞する。どんなおたくでも経験する日常です。メンカラのアクセサリーや参戦服を選び、うちわを何度も作り直したりするのもまた楽しきものです。

ライブ当日はテンションMAXで会場入りし、夢のような時間を過ごします、楽しい時間はあっと言う間。仮に、Aちゃんが見たライブは昼の部だったとしましょう。同日の夜もライブがある。会場を後にしようとするあなたの耳に同年代くらいのファンの子の会話が聞こえてきます。「ね~2部までどこで時間潰す?」え?この人たち夜の部も入れるの?羨ましい…。どうして何回も入れる人がいるんだろう?とAちゃんが検索すると今まで知らなかった様々な情報も知ることができました。

Aちゃんは大事に貯金してあったお小遣いとお年玉を全部合わせればなんとかなりそうだと考えます。大好きなあの人にもう1回会うために。そうして普通のチケット代金の何倍ものお金を払って手にしたチケット。夢のような時間はまたあっという間に過ぎていきます。チケット代のために学校の友達と遊ぶ時間や勉強時間を削ってバイトを始め、お金はまたチケット代に消えていきます。

「もっと会いたい」

そうして何回か色々な会場に足を運ぶうち、大人の人がAちゃんに近づいてきます。「チケット持ってる?」。次の公演のチケットもあるよ、と教えてくれます。そして今後も行きたい公演があればチケット用意するから連絡先を教えるよ、とも。

1度味をしめたら、2回、3回、その次の公演も。たまたまいい席になってファンサをもらえたりしたら、次も、また次も。今回は干されたから絶対に次は…。

もうアリーナやスタンド前列でしか見たくない。

人間の欲ってそういうものです。

でも手持ちのお金はない。

「いいよいいよ、ツケにしといてあげる。払える時に払ってくれたら」

ここからが大人の本領発揮です。チケットの転売で得たお金以上の価値があるのが若いあなたの体です。返済に困りながらも次の現場にも行きたい。そう考えるAちゃんに「楽して稼げるバイトがあるから紹介しようか?」

最初は何やろ、パパ活ガールズバー

勢いにのってキャバクラ~デリヘル~AV

心も体もボロボロになってもまだ、若いあなたの体をお金に替えるビジネスはいくらでも存在します。

偶然インスタライブで見てしまったあるおたくの子の部屋。

ブランドのバッグと紙袋、洋服と下着、化粧品、生ゴミ、ペットボトルが散乱した修羅場のような状態。完全に精神を病んでいました。

昔むかしの現場でもこういうことって何度も目にしていて。

顔見知りだったちょっと大人っぽい綺麗な女の子。いつごろからかコンサートの席に拘るようになり、ファンサをしてもらえないとライブ中でも怒り狂う。どこの会場に行っても彼女は最前列にいました。しばらくすると夜の番協で彼女を見ることがなくなりましたが、週末のコンサートは必ず最前列に座っていて、いつも顔色が悪く、機嫌も悪そうでした。ある日、六本木で番協があり、終電近くになったので急いで友達数人と駅に向かっていると、彼女を見かけました。大人っぽいミニのワンピースを着て、当時の私たちからしたら、おじいちゃんくらいの男の人に抱きつきながら色んな色と匂いの混じった夜の街の奥深くへ消えていきました。しばらくして彼女はライブ会場にも姿を見せなくなりました。彼女と仲が良かった子に「あの子、実家にでも帰ったの?」と聞くと、困ったような顔で「あ~。あの子もう連絡とれなくなっちゃったんだよね」と答えました。

最初はみんなと同じくスポットライトに照らされてる美しい人たちを見ていただけのはずだったのに。

どうか本当に好きな人が出来て、一緒に暮らしたいと思って、その人の子どもを産みたいと思う将来のあなたを犠牲にしないで欲しいと思います。

どれだけ追っかけようがファンはファン。彼女にも奥さんにもなれません。若さを簡単にお金に替えないでほしいと心から思います。

 

ジャニヲタたしなみ手帖

どうも。私です。

中止中止延期延期中止で鬱々としますね。

心が折れますね。

仕事したくないですね。わかります。

現場がなくなって暇だわ。というJヲタの皆様に今一度、他のヲタさんとのお付き合いの際に気を付けておくといい、いつまでも良い関係でいられるヲタ付き合いのマナーについて少し書かせていただこうと思います。

しばしお付き合いのほど宜しくお願いします。

 

チケットを譲ってもらったら

当日であればキッチリの金額を用意し、封筒(片面が透明のものなら「コイツできるおたく!」の印象度アップ)に入れ、チケットと引き換えにお渡しします。その場でお互いに金額やチケットに間違いがないかチェック。QRであれば入場前に確認させてもらい、無事入場できたら手渡ししても良いでしょう。間違ってもくしゃくしゃのお札やかき集めた小銭ばかり、のようなことがないよう、前日までにしっかりと用意しておきましょうね。

紙チケのみ郵送で譲ってもらう場合

先振込みはトラブルの元。中身が一部見える封筒で発送してもらい「代金引換」


www.post.japanpost.jp

代金引換を使用すると手数料などいくらかかりますか? - 日本郵便

にて郵送してもらいます。これは郵便局が譲ってくれる人に代わって集金してくれるシステム。手数料は265円。この方法は送る方がゆうちょの口座を持っているととても便利です。くれぐれも詐欺には要注意。何かあったら迷わず警察に連絡を。

 

グッズの代行をお願いする場合

どうしても並べない、公演は外れたけど行けるお友達にグッズだけでも買ってもらいたい。という場合「どうせ行くんだからついででしょ?」と思っていませんか?「買ってきてもらう」というスタンスを忘れずに、できるだけ相手に負担のないようにしたいもの。事前にグッズの明細と代金をメールやlineなどで提示し、間違いのないようにしましょう。ポスターなど梱包の手間がかかったり、別に梱包材量を購入する必要がある場合にはそれも負担します。そしてこちらもできれば郵便局の代金引換を使うとスムーズです。

一番気を付けて欲しいことは「量」

相手も遠征の場合、あなたのグッズまで持ち歩くことになります。余談ですが私は某Gの日帰りの遠征(片道新幹線、在来と乗り換え4時間半)で4万円分のグッズを頼まれ、帰りも時間がギリギリで宅配も頼めず、手がちぎれそうになりながら、死ぬ思いで大きな袋に入った大量のグッズを持ち帰った経験があります(ありがとね!の一言だけだった事も忘れない)。後、私は貼らない派なのでポスターは購入しないことが多いのですが一度など遠い親戚のお子さん(会ったこともない)にポスター6枚を頼まれ、羽田のロビーで顔から火が出る思いをしながらカラフルなポスターの筒6本を抱え、手荷物で持ち帰った経験もありますw

ですので、かさ張る荷物の場合は「梱包代も負担するのでお手数ですが現地で梱包して着払いで送って」が一番良きかも知れませんね。手渡しで頂く場合は感謝の気持ちはもちろん、心ばかりのお礼の品とか並んで買ってもらった場合にはランチをご馳走するとか、何等かで感謝の気持ちを伝えておくと、先方も「またいつでも言ってね!」と快く思ってもらえると思います。

難しい値段のないモノ

銀テープやフライヤーなどのいわゆる「値段がないもの」についてはどうでしょう?よく知った間柄で常にあげたりもらったりしていて「お互い様」ルールが設定されているならOKですよね。そうでない場合「送料は数十円だしま、いっか」この「ま、いっか」を言うのはあくまで先方です。送ってもらうのはあなた一人とは限りませんよね。相手はあなたを含め、数十人に送っている可能性も。たとえ数十円でも積もり積もればということも心して。なので「送料を振り込みますので振込先を同封してください」と伝えておくと相手からも「なんて気の利くおたく!」と好印象をもたれることでしょう。

逆に送ってあげる方になった場合「数十円の送料を振り込んでとは言いにくい」と思ったら、品物と一緒に「お振込みの場合はこちら(口座番号)、切手で返送して頂く場合はこちら(住所)と書いたメモを同封しておきましょう。そうすれば相手方にもスマートに伝わります。

万が一「ええええええええ?送料いるの?セコッ!」という人がいたら(いるのかな)今後のお付き合いを考えるきっかけになるでしょうw

後はダビングしてもらったディスクなどもDVDなら100円、Blu-rayなら150円などディスク代金も決めておき、送料と一緒に振り込むとスマートです。毎週送ってもらう、などの場合はあらかじめお願いする時点で必要分のディスクと封筒、切手などを渡しておくという方法もあります。先方からそこまでしなくても~と仰っていただけたら、季節のお菓子や名産などを感謝の言葉と共にお送りする心遣いも「できるおたく」のたしなみですね。

譲ってもらったチケット、直前になって病気や急用で行けなくなったら

さて問題です。

この場合どうすると一番スマートでしょう

①紙チケなら急いでチケットを送り返し、相手に行く人を決めてもらう

②こちらで急いで譲り先を決め日本語

③まずは先方の友人知人などで行く人がいれば行ってもらう。こちらで譲り先を探してといわれたら探す。チケット代金は相談し必要なら自分で負担する

正解は③でしょうか。まず譲ってもらう人に説明しどうしたら良いか聞きます。先方で探してもらう場合にもことと次第によってはチケット代金を負担しなくてはならない可能性もあります。誰もいなかった、とういう場合でももちろんあなたが代金を負担します。

また悪しき思い出ですが、某Gのオーラス4枚を譲った方がライブ4日前になってお身内に不幸ができたから、とレタパでチケットを突然に送り返され、返金も要求されました。大困惑。その時はたまたま全滅していた友人がいたため無事に譲れセーフ!お身内の不幸はお気の毒ですが、事前に一言もなくいきなり4日前にチケットを返送して、金返せとは。もちろんご縁をすっぱり切らせていただきました。

会場での顔合わせ手土産に悩むおたく

ありますよね。はじめまして、久しぶりのご挨拶。手作りの凝ったグッズなど頂くと私など毎回ひれ伏してしまいそうになります。すみません。全部大事にしてます。ありがとうございます。お菓子は原稿を書きながら食べつくしてます。ごっつあんです。

で、「何を渡したらいいか?」「ダサいと思われるのでは…」(私は生活感あふれるごはんのお供などBBAチョイスで持参してしまいよく自滅します)とお悩みのあなた。ハンドメイドもできない。お菓子なんか絶対に焼けないし焼いてもマズイ、いや意識高い系のあの方にお菓子?お菓子でいいのか?など悩みは尽きません。そんな時お薦めなのがズバリ「メンカラなどの入浴剤」「フェイスマスクシート」「快足時間」「あったかアイマスク」などなどの消えもの&ノンカロリー系です。これならかさ張らないし、好き嫌いもあまりない、遠征先のホテルや自宅でも使えて、消費期限も長い。加えて年齢を選ばない。いかがでしょうか。(ドヤ!!!!ッハー!鼻息荒め)これらを透明のパッケージに入れ、マステで封をすればあら素敵、可愛い気の利いた手土産の完成です。値段も手ごろなのでもらった方も気が楽というものです。

 

さてみなさまのおたく付き合いはいかがでしょう。

良き人に巡り合え、そのご縁を紡いでいくことで楽しいオタ活をさらに実り多いものにすることができるでしょう。一日も早く現場がいつもの輝いた場所にドキドキする場所に戻れることを祈って。

美しきラスボス「木村拓哉 go with the Flow」

どうも。私です。

木村拓哉 go with the Flow」2月19日大阪城ホール

参戦してまいりました。実は生拓哉初拓哉。

SMAP時代からTVや映画は欠かさず拝見していたものの、ライブは初めて。生拓哉。

SMAPライブはこれまで何度かお誘いいただいたこともあるのですが、諸般の事情により参加が叶いませんでした。当選のお知らせメールを見たのは取材先の風光明媚な高知県の山の中。思わず「よっしゃー!」と声に出してしまい、同行していたカメラマンに「うるっせぇなBBA」的な顔をされましたが知ったことか。アルバムは発売日に手にして以来、じっくり聞き込み(真面目なタイプのおたく)当日に望みました。同行は幼稚園からジャニーズを嗜む生粋のジャニオタ、我娘w「ジャニヲタである以上、1度は生キムタクを見ておくべきだと思っていた」と神妙な面持ちで語っていましたがなんじゃそれ。

当日は朝からグッズ列に並びこれまで参戦した担当の嵐∞WESTキンプリなどなどどことも違う雰囲気のファンの皆様に交じり、新鮮な気持ちでグッズを購入。海の家のイメージでデコレーションされたグッズ売り場も素敵。サーフボードが飾られたグッズ売り場なんて今まで見た事ね~。

開演

お席はツイートにも書きましたがステージ正面バクステスタンド中段。外周がない大阪城ホールって新鮮です。「見やすいけどやっぱアリーナが良かったな~」などと欲深いことを思うのもいとおかし。事前にリサーチするタイプのおたくなので「アリトロの動線どこ?狭いな」等と思っている間に開演時間。これまたシンプル&スタイリッシュなペンライトを灯しスタンバイ。毎回トンチキな「奴」ペンラに慣れ親しんだ私には新鮮でございますw
そして、バーーーーーン!ジャンプアップで拓哉登場!やば。生拓哉飛び出してきた!客席のボルテージが凄い。キンプリ1st魂の大阪城ホールより、2019年12月23日の嵐以上に凄かった(例えが非常に分かりにくい)。木村君(さすがに拓哉拓哉呼びは失礼だと気付いた。今更遅い)の一挙手一投足はもちろん、何なら視線が動くたびに客席から悲鳴が。マイクスタンドを持つだけで「キャー!」皆さんがどれだけ木村君のライブを心待ちにしていたか痛いほど伝わってきます。アルバム曲やソロ曲をガシガシ歌っていく木村君、え?めっちゃ歌上手い。そしてダンスが流麗。淀みない。そして嵐より平均年齢+10くらいの会場全員が乙女のまなざしでペンライトを振りながら「タクヤ~~~!タクヤ~~!」絶叫。さすがっす。これまでGでのライブは数多く見せていただいていますが城ホ中の視線がたった1人に寄せらせている図が圧巻。1人で1万5千人を夢中にさせる存在感たるや。

スタトロ

ライブが中盤に差し掛かり双眼鏡でアリトロの位置を確認しようとしたら隣の娘が「やば!スタトロやん」と一言。スタトロ?いやいやアリトロの予定やし、と担当Gでおなじみのスタトロのスタンバイ位置に双眼鏡を向けるとそこに鎮座する「スタトロ!」。そして制作解放席の横階段をハイタッチしながら軽やかに登る木村君の姿が。スタンド勢大パニック。自担Gに比べゆっくりと進んでいくスタトロに立つ木村君。大阪城ホールでスタトロがあるライブをご覧になったことがある方ならお分かりになるかと思いますが、スタンド席のちょうど中間にある通路をトロッコが進むので、タレントさんがどっちを向いているかでスタンド上段、下段で明暗が分かれる事が多々あります。目の前までこっち向いていたのに、手前でくるりと反対に向いてしまう自担wwww今までのドキドキを返せ~~!と恨みがましい気持ちで進んでいくトロッコを見送った経験のある方もいらっしゃるのでは?ところが木村君、上段、下段と軽やかに体の向きを変えながら全てのファンに視線、お手振りをされるのです。スタンド後方の立ち見席からまんべんなくスタンド下段に。その視線の動かし方のなめらかなこと!トロッコが通過した後のスタンドは、さながら風にたなびく稲穂のごとくペンライトの光が一層激しくきらめきます。これがうわさに聞く

「ドームのどこにいてもキムタクと目が合う伝説!」

この天下の宝刀は円盤になったら(なる)必ず後輩Gの皆さんは見て所作を勉強した方がいい。ファンの満足度が格段に違うはず。そして木村君の凄いところは例え後ろ姿になっても手の位置、背中、足と美しい「後ろ姿」を常に意識しておられること。清々しいほどプロ中のプロ。で、我席間近にもトロッコが。え?止まった。トロッコ止まったぁぁぁ。こっち見た~~指さしたぁ~~~ああああ(語彙力完全喪失)。お隣の席の御姉様号泣です。ご尊顔を拝見し恐悦至極に存じます。という言葉がぴったり。美しきラスボス感はんぱない。2曲を使って一周した後のスタンドの熱量と沸き方、凄かったです。ライブ後半に「辛いことがあっても、腐るんじゃねえぞ!」と力強く叫ぶ木村君は間違いなく美しきジャニーズのラスボスでした。終演後、駅に向かう道で何人も「目が合ったね~!」と嬉しそうに語り合う御姉様方を拝見し、幸せな気持ちになりました。アイドルのライブの神髄はここにあり。全員が満足できるライブって素晴らしいですよね。大きな会場でド派手な演出も素敵ですが、今回のように満足度の高いライブができるのはひとえに木村君の「人間力」の高さに他ならないと思いました。

 

金糸雀色(かなりあいろ)の君は遠くなりにけり

玉の緒よ たえなばたえね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする 

式子内親王

『わたしの命よいずれ絶えるのであればもう絶えてしまってほしい。このままこの世に生き長らえ、あの人への想いを抑えている事ができなくなってしまうといけないから』

 

どうも。わたしです。

結婚してしまいました。金糸雀色の君が。SNSを解禁し、アジアをチャーターしたジェットで華麗に駆け巡り、やはり私たちの王子はあの5人だと確信していた矢先の出来事でした。ウキウキしながら宮城行きの荷造りをしていた時のことが昨日のことのように思い出されました。ほんまやめて。この結婚を素直に祝えないのはやはりお相手(奥様とお呼びすればよろしいのかしら?おほほほほw)の心無い行いの数々ではないでしょうか。ちな、有料ブログの内容を晒す方が非常識というご意見もありますが、なんというかその、彼女はそうなることを見通していたのではないかと思うのです。それが金糸雀の君(もうめんどくさいのでニノで)の知るところとなり、もしかしたら彼に嫌われ別れを告げられる可能性もあったというのに、そんなことなど一切おかまいなし、むしろ彼との関係を既成事実として周知できる、と考えていたのではと思います。

 

何という自信。

 

いくら周囲が「あの女とんでもね~女だから絶対に止めといた方がいいって」と諫めてもめっちちゃモテる女性。みなさんの周りにもいません??ああいうタイプの女性は男性から見るととんでもない魅力があるのだそうです。その女性は同性にどう見られようが屁とも思わず、狙った獲物にまっしぐら、猫まっしぐら。捕った者勝ち。加えてその周囲の反対が彼にとっては「二人の間を引き裂く困難をどうにかして乗り越え、彼女をゲットしたい」と奮い立たせてしまうのですからどうしようもないのです。まるでロールプレイングゲームのように様々な敵を倒しステージをクリアしながらお姫様を救いに行く。ハッ。ロールプレイングゲーム。なるほど。そのゲームリセットできるものなら内緒でリセットしてやりたいw

過去にわたくし大元担が結婚&退所したことがございます。その時の気持ち、憎い、ただ憎い。許せない。女もおめえも。心の中にどす黒いマグマが沸いては引き、沸いては引き。当時「おめでと~~~!って言ってあげなよぉぉ~ん」と抜かしたデリカシーの欠片もない他担を思いっきり膝蹴りしましたごめん。ついにはそのどす黒い気持ちに耐えられず担降りを決意しました。Jr.から16年応援し続け、青春の全てを捧げた彼から。持っていた雑誌、CDなどほとんどはその時に捨てたと思います。愛着のあった応援用のマントも。当時の自分は全てを忘れ、彼の存在も自分が応援してきた事実もなかったことにしたかったのだろうと思います。そうしないと怒りと悲しみでどうにかなってしまいそうでした。

 

今悲しみに暮れて何も手に付かないというあなた。彼と彼女のことを許すことはもしかしたら一生できないかもしれないし、できるかも知れない。それは人それぞれ置かれている状況や立場も違えば熱量も違うので一概には言えません。

大事なのはどす今のどす黒い気持ちも恥ずかしいことではないってこと。今の自分の感情を真っすぐに受け止めてあげてください。私のように逃げずに。彼も彼女も大嫌い、悔しい、悲しい、辛い、きつい、ムカつく、あほ、バカ、バーカ、バーカ!なんでもOKです。そんな気持ちが沸いてくるのも今まで彼の事を一生懸命応援して大好きだったからに他なりません。そんな気持ちを持つ自分をどうか誰よりも愛しいと思ってあげてください。傷が癒えるにはどれだけの日数、人によっては何年もかかるかもしれません。でもその時間もきっと大事な時間。少し彼と距離を置く、一旦離れる、降りる。選択肢はたくさんあります。離れている間にJの他の子に癒されいつしか夢中になるかも知れませんし、他の界隈に素敵な王子を見つけるかも。やっぱり金糸雀色の君(もうニノでええやん)が好きと、再び彼の元に戻ることもあるでしょう。いつの日か今悲しみの中にいる方が笑えるように祈っております。

かくいいう私もたま~にTVで大元担が家族の話をするとやっぱり「ケッ!w」って思うので偉そうなことは言えません。

全ての金糸雀色の君担様が少しづつでも笑顔になれますように。