ジュリエットからの手紙

ジャニヲタなライターの戯言です

ももクロ&ジャニ 不思議な関係

関ジャム、そして先日発表された剛くんの楽曲提供。少し前にも話題になった嵐とのコラボ。女性タレントとの絡みには細心の注意を払うジャニーズがことももクロちゃんに関しては驚くほど寛容。

 

寛容なのは事務所だけでなく、ドラマの主演ともなれば相手役にピリピリし、カタカタエンターで過去の恋愛遍歴を逐一チェックw前科(過去ジャニとの噂)でもあろうものなら大騒ぎ!舞台の相手役に決まった女優さんのアカウントも素早くフォローし、顔合わせ、稽古の後にまさか一緒にご飯になんて行ってねーだろうな?といつ何時でも監視の目を張り巡らせているヲタクもなぜかももクロちゃんには寛容です。

 

寛容というよりむしろ最近ではウエルカム(じゃない人はごめんなさい)

な雰囲気すらヲタク内に漂っているのはあながち気のせいではないでしょう。

嵐も好きだけどももクロちゃんも好き、とか、エイトとももクロちゃんのライブには家族で参戦!というファミリーヲタク層が増加しているという要因もありますが何より彼女たちからは一切ジャニヲタ臭がしない安心感からくるものではないでしょうか。

 

同じく女性アイドルのA〇B系列G内からはジャニヲタ臭がプンプン漂うのに対し、ももクロちゃんたちからは一切その気配すら感じることができません。かといって彼女たちがジャニタレをバカにしているとか毛嫌いしているという雰囲気でもなく、逆に芸能界を学校に例えるとすれば「すごい先輩」もしくは「超成績の良い同級生」的なスタンスで接してくれているように思います。

これはひとえに彼女たちの所属事務所のマネジメント能力の大きさによるものに他なりません。大きな敵には決して牙も向けない、ましてや色仕掛けなど言語道断。ジャニーズ帝国に君臨する彼らの後ろに控える何百万人という女性ファンを敵に回すことは大きな損失となること。反対に味方につければ大きな集客に繋がることをよく理解した上での戦略であろうかと思います。

むろん彼女たち全員がプロ意識の塊だというところも大きい。所属する事務所もバラバラな女性アイドルを集めた集合体Gではどうしても個人プレーによる抜け駆けもあるでしょうが、彼女たちは事務所も同じ。何より「ももクロ」というグループありきだと大事にする気持ちが強い。個人競技ではなくあくまで「ももクロ」という団体競技で試合に臨むスタンスは、クラスで例えると男子にも女子にも人気の体育会系の女子のような存在。女性アイドルやグラビア、女優に敏感なジャニヲタレーダーも彼女たちには警戒レベルを最大限に下げても良いという状況でしょう。たのきん以降アイドル市場を独占し続けてきたJ事務所ですがここ数年、某ガテン系ダンス系ユニットや、A〇Kグループ、Kポ、等の強力なライバルたちと戦っていかなばならない状況になりました。それにはお互いの領域侵すことなく、最も最大公約数の多いパートナーとして共存し合える存在がJとももクロちゃんなのではないでしょうか。今後の展開に注目です。

 

SMAP最終章~ジャニーズ帝国の逆襲~

やっと沈静化してきたのでしょうか?お正月以降の大騒動。絶賛担当だった田原俊彦の退所を経験した自分とそうでない方とは決定的に最初から何かが違っていたような気もしますが。

マスコミ各社は様々な方法(に見えるように。基本はスポーツ紙をなぞるだけがお約束)でSMAPをとりあげてきましたが、わたくしこの日曜日に目から鱗、どころかコンタクトもげそうになる発言を目の当たりにすることになりました。

それは日曜の午前10時~の「サンデージャポン」内」。爆笑問題のお二人やテリー伊藤さんなど、辛口毒舌のコメンテーターを差し置いて真ん中に躍り出たのは

「一茂」でした。

私はこれまでの人生でこれほどまでに心の中で熱く「一茂」を叫んだことはありません。ミスター巨人「長嶋茂雄」永久名誉監督の息子「一茂」。

今までの私にとって「一茂」はそれ以上でも以下でもなく「長嶋茂雄」さんの息子「一茂」。もうええか。

それは番組冒頭部分、もちろん話題はSMAPの解散回避について触れていて、スタジオの出演者は皆、「ま~良かったよね」的な雰囲気を醸し出し、テリーさんも「これからのSMAPが楽しみだ」的優等生発言、西川先生それを受け「本当にね~」的に少し大げさに頷き、太田さんがそれを受け、ちょっと辛口程度で〆ようとしたその隙をついて

躍り出ました

我らが(違います)「一茂」w

彼の口から何の疑問もなく発せられた言葉にスタジオも私も凍りつきました。

「なかったことにしましょう!」

一茂・・・一茂・・・かずしげぇぇぇぇぇぇ~~~!

「は?何言っちゃってるの?この能天気二世は」という空気の中、なおも一茂は真顔で続けます

「なかったことにするんですよ」

この爆弾発言を生温かくスルーして番組は進行して行きました。時折「一茂さっきの発言は恥ずかしいぞ!」的なコメントで触れられていましたが、

この一茂のコメントこそ全てを悟った真意なのではないでしょうか。

長嶋茂雄の息子として何不自由なく誰に遠慮をすることもなく

真夏のひまわり、晴天のアスパラガスのよう誰にも邪魔されることなくさえぎられることなく天真爛漫に人生をのほほんと歩いてきた人間にしか発することのできない真意。

「なかったことにすればいい」

これこそまさにJ事務所の目指すところなのです。

田原俊彦もなかったことにして、女性アイドルの自殺騒ぎもなかったことにしてきたじゃないですか。最近では彼女のペットの犬を描いてグッズにしちゃったトップアイドルだってなかったことになってますよ。

誰に気を使うでもなく何のしがらみもない一茂が本質を語ってくれました。これからマスコミは「なかったこと」に向けて様々な情報を私たちにもたらしてくれると思います。25周年のライブかも知れないし、他グループとの萌える共演かも知れません。

「なかったこと」なのかもしくは「それを乗り越えて更に高みに上る5人」を印象付けることで結果的に「なかったこと」になるのかも知れませんが。

所詮は虚像の生み出す幻。本当に「なかったこと」だったのかもしれません。

 

SMAP騒動で再考する~ジャニーズである意味~

すまさんのことで私の過去記事をたくさんの方が読んで頂いて驚いております。

 

catsyukki.hatenablog.com

 

 その後

zasshi.news.yahoo.co.jp

n-ent #Yahooニュース

Jを辞め、干されたとされていた田原俊彦の記事を読んで

驚きを隠せませんでした。

辞めたとはいえTV出演があった??は?

それは干されて随分と月日が経って、やっとこさっとこ出たメディアの事?

CDもリリースしていた?は?

それは「TSUTAYA限定販売」だったあれですか?

私はその時初めて「店舗限定」でしか流通しないのCDの存在を知りました。

「いいとも!」レギュラーだって「痛い過去の栄光を引きずるBIGオジサン」的な

色モノ扱い。

どれだけ煮え湯を飲まされてきたことか。

どうやら酷い干されが終わったらしいと感じたのは「爆報フライデー」あたりではないでしょうか。

しかし現在でも「ジャニーズの歴史を振り返る」的な企画

では「たのきん」表記はあるものの、田原の部分はまるで存在さえしなかったように年表からきれいに切り取られています。「ジャニーズの長男は俺」と豪語して憚らない方は年上で芸能界の先輩で現在では他事務所属の田原を「田原俊彦さん」ではなく格下かのように「としちゃん」と呼びます。

干されたかどうかと聞かれれば「干された」と本人も過去番組で語っておりますし。

Jは身内はどんな手段を使っても守ってくれます。しかし一旦反旗を翻した者には容赦なくその大きな力で完膚なきまでに叩きのめします。

まあその事は辞める本人たちが覚悟さえしていれば何ということはないのですが。

ここで1つ大きな問題が

具体的にどうしてかとは証明することはできないのですが、不思議な事にJを辞めた途端ジワジワとその体から放たれていたキラキラオーラが剥がれ落ちていくこと。

それはもう顕著に。そして確実に。

Jr.の子を思い浮かべてください。舞台のどんな端っこにいても、Jr.マンション高層階の角部屋(笑)にいても、彼等の身体はキラキラのJオーラに包まれています。

しかし一旦退所によって「元Jr.」となった彼等からは残念ながらあのキラキラオーラは放たれることはないのです。イケメンに変わりはないのに・・・実に不思議です。

ジャニーズ・マジックがとけた途端、

少しくすんだ(ごめんなさい)イケメン君になってしまった彼等には

スパンコールびっしりのロングコートは似合いません。

もちろん退所後、舞台や音楽で活躍されている方も最近では多くいらっしゃいます。

でも、あの独特のキラキラオーラを纏うことは叶わないのです。

たぶん私の考えるところ

「自分は選ばれしジャニーズの一員である」という誇りと自信があのオーラを放つのではないかと思うのです。

スパンコールびっしりのロングコートも、はだけやすいようにスナップ留めのキラキラシャツも、スカートみたいなヒラッヒラがついた謎のスーツも、造花がちりばめられた重たそうなマントも、なんだったら遊女風の着物も

あのオーラさえあれば着こなせる!

少し前飲んで裸で騒いで警察のお世話になった時の草なぎくん

オーラだいぶ剥がれててやばかった記憶

だから再度言いたい。

自担にはどんな辛いことがあっても、

しんどくても、不条理でも

Jであって欲しい。

センターでなくても、ドラマの主演がなくても、ジャケット写真の顔が半分見切れそうでも、ソロ曲がなくても、ドル誌もセンターメンは各1Pであなたは他メンと一緒に1Pでも、明らかに公式写真の枚数が少なくても

そんなことはどうだっていい。

ずっとJであってほしい。

Jでありさえすればキラキラオーラを纏っていられる。

小さい劇場の出待ちで会えなくってもいい、

スパンコールびっしりのロングコートを着て

ドームの宙を舞うあなたが見たいから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拾おうとして、転ぶ。智担受難の日々。

智担の皆様生きてますか?

思い起こせば宮城の直前、イソイソとトランクに荷造りしていた手をパッタリと止めさせられたあの一件からBLAST紺の出来栄えにゾンビのように復活した智担でしたが

宮城のお土産、笹かまぼこと牛タンスモークを全てたいらげたタイミングでまたもやバズーカ砲が2発連射w

フリスタのタツノオトシゴに前カノの「KIMIKA」の文字。これは知っていた人は知っていたという情報ですが知らなかった人も多かったのでは?私は知りませんでしたけどw

智よ・・・常習犯だったのかよw

そして極め付け、フリスタ2の写真集のスタッフクレジットに彼女の本名をちりばめる粋な計らい。

まあ!智ったら!まるで魔王の成瀬さんの「アマノマコト」みたい!キャッ!!ってなるかい!!!www

まるで転んでやっと起き上がって、落し物して拾おうとしてまた転ぶ、的な。弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、智担にフリスタw今回一連の騒動で分かったのは智君はどうしても残したい人なんだねってこと。なかなか女子力が高い。

アイドルのファンにまことしやかに囁かれる「TVで彼女にしか分からない秘密のサインを出す」的な少女マンガのノリ。ほらここに君の名前を刻んだよ、って余計なことすんなwもうこうなってくると犬くらいどうってことないw

智担の多くがどこに怒りのポイントがあるかというと彼女がいることとか、岩盤浴に行ったり焼肉に行ったりしたことではないんじゃないでしょうか。もちろん熱烈大歓迎!(中華料理屋の看板ちゃうし)というわけではありませんが、30半ばの成人男性ですからね、彼女くらいいるでしょうよと。1000歩譲ってください。

何がイヤだって写真集を筆頭に、パグTシャツ・マグカップ・ポスカード、クリアファイル等々、財布から直接現金を(ロッピーはカード含むw)払ったものに女の影がチラつくのはいただけないw「作品に彼女の名前を入れていたのをたまたま公表しなくてはならなかっただけ」というご意見の方もいらっしゃいますがフリスタ2の時点でタツノオトシゴはやめとくべきだったのでは。スタッフクレジットに関しては実際にいらっしゃるとのご意見もありますが・・・ちょっとここまでくると考えにくいっすw

考えにくいっす~~~~ぅぅぅぅ!オヤジさん!誰だよ。

とにかく智担が考えていた以上に智君は残念なくず男だったわけです。どんくらいくず男かというと三者面談でコテンパンに叱られたその日に友達と喧嘩して親から怒鳴り込まれるくらいの勢いです。「ほんとにアンタって子はぁぁぁぁぁ!!」ゲンコツで済んだらいい方ですけどね

いつまでもグダグダ、ネチネチ言っても仕方がない。

担降りする勇気も気もない。でも腹立つ。

そんな気持ちをなんとかしたいの。

お願い智君。

でっかいハリセンで1発、思いっきりどつかしてw

そしたら今回はハリセンに免じて許してあげられそうな気がするのw

智担の皆様、強く生きましょう!

 

 

 

 

許せないけど、許す。

ARASHI BLUST in Miyagiが無事終了しました。

大きな事故もなく幕を閉じることができて良かったです。

これが少しでも復興の助けになっていればと願うばかりです。

多くの方が楽しみにしていた宮城。

チケット争奪戦をくぐり抜けてもなお難関は続き。

宿泊、現地までの交通手段、シャトルバス、更にはドーナツ(笑)まで。

それすら最終的にはRPGのように楽しんでいましたが。

そんな嵐、いえ大野智担に最後のラスボスFRIDAY熱愛報道登場。

 

強い。

 

ギカンテ&パルプンテ発動レベル。

あらしあんたちはダメージを受けた

さとし担はどくにおかされた

さとし担はうごけない

さとし担のHPが30へった

しょう担はホイミをとなえた

さとし担にじゅもんはきかなかった

さとし担はしんでしまった

 

よりによって彼女の犬を描いた絵は

「これ着て宮城に来てほしい」と言ってた

個展のグッズになっておりました。

 

私もキッチンに行って例のパグ犬のミルクカップを手に取り

じっと見つめましたよ。

そっと戸棚にしまいましたが。

 

ここからは私個人の見解ですのでご了承ください。

皆さんいろいろな仮説を唱えられていて興味深かったです

(宮城に向かう新幹線でブログを読み漁った)

以下私の見解です

①間違いなく彼女ではあった

(友人しかも異性と岩盤浴、焼肉??ねえよ、ねえ!)

②物撮り(魚、貝、食事)は自分が写らないように気を付けてはいた

③彼女がツイッターやインスタ、ブログ等SNSを頻繁に利用していることは

知らなかった(やってないと言われていた)

④犬は彼女の犬。でもまさか彼女のSNSから画像が流出し、更には検証されるとは思いもよらなかった

⑤本人の後ろ姿、部屋と彼女等(セルフタイマー?)知らないうちに撮影されていた画像もあった

 

簡単にはこんなところではと思うわけです。

中には「焼いている貝の量が普通じゃないから友人グループの1人というのは本当!」

との見解をされている方もありましたが

岩盤浴と焼肉は??と聞きたい。

「お風呂にやっとつかれるようになった智君が岩盤浴なんて嘘!」

いや行ってるのは事実でしょう。

しかも男女2人で焼肉って

そこそこのお付き合いじゃないと考えにくいですよね。

「私は男友達2人と焼肉行くもん!」

あっそ。じゃその友達と同じ週に岩盤浴も行く??(笑)

 

ただ今一釈然としないのは

握りつぶそうと思えばできた今回のこの時期のスキャンダルを

なぜ放置されたのか??

 

初日囲み会見の際

自ら「友人の一人です。二度と会いません」と

支離滅裂なコメントを残すはめになってしまった智君。

 

「(本当は彼女だけど)友達の一人です。

(めっちゃ怒られたし、裏切られたから)二度と会いません」

 

こんなとこですかね。とにもかくにも幕は上がった。

本人の姿を目の当たりにして

やっぱり「カッコいい!」と思ってしまう

哀しいヲタク脳。

 

しかしながら5人の気迫、気合いは素晴らしかった。

智君ソロも

あの歌詞と今の智君がシンクロ(勝手に脳内リミックス)、

キレキレダンスを見せつけられ、

「ユメノカケラ」のソロパートまで磨きがかかっていたとなると

 

さとし担のHPはすべてかいふくした!!!

 

哀しい生き物だなジャニヲタ。

 

そう、智君がくず男なのは今に始まったわけじゃない。

仙人のような生活をしているなんて

勝手にヲタが創り上げた妄想以外に他ならない。

あの時だって、そして大事な時期だったあの時だって

智君は愛すべきくず男だったじゃないか!

気を確かに智担。

落ち込むことなんてない。

それを含めてまるっと好きなのは自分だよ。

そう呪うべきは担当に甘々な自分。

「ああ、あんときは落ち込んだよね~」と

笑いとばせるようにヲタ活を重ねようではないか。

 

だからって忘れるわけじゃないぞ。

 

大好きな大野智君へ。

 

許せないけど、許す。

 

さとし担のレベルがあがった!!

さとし担は「おおめにみてやる」を覚えた!

 

あたらしいぼうけんがはじまるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

合言葉はG・U・T・S

タイトルを見て懐かしい人は絶対に40代以上(笑)

これはたのきんのFCの最初の会員証に記されていた言葉。

「合言葉はガッツ」冗談のような本当の話だ。

ガッツで応援よろしくね!←今はガッツはだめだっけ?(笑)

ところで…

「オリキ」=追っかけにリキが入ってる人であるという説明文を見つけたのですが

若干訂正してもよろしいでしょうか?


「オリキ」の語源は昔横浜や横須賀の水商売や遊んでる人たちが

タクシーやハイヤーをオートン(automobile)と呼んでいたことから始まります。

追っかけの仲間の間で現場で会話する際に、今のようにLineもありませんから

他の人に会話の内容を悟られないよう、隠語を使うようになりました。

横浜や横須賀出身の子たちが

タクシーのことを「オートン」と呼び始め、

アイドルを追っかけることを「おーとんする」

というようになりました。

例:「合宿所からおーとんしたら六事務」

(原宿の合宿所からタクシーで追っかけたら六本木のジャニーズ事務所(当時)だった」

 

しかし同じ時期にファンの子同士が現場で使ってたバビ語

(伸ばした母音をバビブベボに変換して話す)

例:としちゃんおはよう→とぼしびちゃばんぶおばはばよぼう

を番組中にとしちゃんがファンのネタとしてバラしてしまい一般のファンに
広まってしまったことからバビ語に変わり現場では
更に進化させた「リキシャ語」が使われるようになりまし
おーとんする、をリキシャ語で
「おーリキシャとリキシャん」
それが語源でタクシー等を使って

毎日ガッツで本人を追っかけてる人のことを

「オリキ」と呼ぶようになりましたとさ。

(諸説あり)

 

この夏イチどうでもいいジャニヲタ豆知識w

ジャニ勉どうでしょう?

水曜どうでしょう」みたいになってますが。

リニューアルされた「ジャニ勉」。

ヲタ友ちゃんが速攻でブルーレイに落として

レターパックにて届けてくれましたので、

関西のオンエアの翌日には見ることができました。

大口叩いた分際なので、いち早くわが目で番組内容を確認したかったのです。

前半は今まで通り、エイトとゲストのトーク

「したいねん」のコーナーもありました。

さて「3タック」ですが・・・結果として

私は概ね良かったんじゃないかと思います。

少クラの司会、ライブのMC等での

「できる饒舌」お兄ちゃんキャラを完全に封印し、

「先輩にイジられ、テンパる後輩」に徹する桐山君。

自分たちは何を求められているのか?

どんな見せ方ならより面白いのか…??

エイトの7人と桐山君、重岡君は完全に「正解」を導き出していました。

きっと打ち合わせなんかしなくても、お互いに最初から理解していたのだと思います。

いじるエイト先輩

ビビりながらも一生懸命な後輩WEST

どちらも新しい顔を視聴者に見せることができます。

何より制作側が視聴者に見せたかったのは

今までTOKIO兄さんや嵐との共演では後輩の立場だったエイトが

先輩になって後輩をいじる面白さ。

 

ボケを振る村上君

キレる渋谷君

ビビる桐山君

なおも切れる渋谷君

あおる横山君

テンパる桐山君

ボケる大倉君

ふくらます重岡君

つっこむ安田君

マイペースな丸山君

 

どうでしょう?どちらも新しい顔が見せられて

まさに

Win Winだったのではないでしょうか?

 

その証拠にリニューアルが決まって大騒ぎをしていた

一部のeighterさんの静かだったこと(笑)

わちゃわちゃエイトを残しながら新しい顔も見られ

思ったよりWESTがしゃしゃらなかったから?(笑)

かんじゅコーナーの行方は気になるところですが

こちらはしばらく見守っていきたいと思います。

 

また今回は桐山君&重岡君というある意味「鉄板」のメンツだったわけですが、

この2人以外のメンバーの回の出来不出来で

WEST起用が成功か否かがジャッジされると思うのです。

それは何も上手く司会進行をすることではなく

「いかにおいしくエイトにいじられるか」にかかっていて。

{つつがなく司会進行+α(面白さ)}×7=WESTの価値

ハードルは高いですが、エイト兄さん達もいることですし

ホームランやヒットエンドランでなくても

「まずは当てに行こう!!」